『浮気・不倫』 素早い解決法!

浮気で慰謝料が請求できるときとは?

浮気の定義は人により異なるため、どこからが浮気かというと、その判断はさまざまなようです。

 

民法では離婚の請求が認められる条件の一つに「配偶者に不貞な行為があったとき」を挙げています。

 

そして配偶者以外と肉体関係をもった場合、または既婚者と肉体関係をもった場合は、損害賠償の対象になります。逆に肉体関係のない場合、慰謝料の請求は難しいと言えます。

 

 

慰謝料は浮気をした夫(妻)と浮気相手に請求できます。

 

慰謝料の請求は、不貞を知ってから3年、不貞があってから20年経ってしまうと、時効により請求できなくなります。しかし、消滅時効は相手方が主張しなければ成立せず、時効が来ていなければ離婚後、内縁解消後にも請求できます。

 

しかし一般的に、離婚、内縁関係の解消前に請求しないと請求は難しいようです。また、浮気相手へ慰謝料を請求するには、相手が婚姻関係を知っていることが条件になります。

 

裁判で争う場合には、離婚に至るケースのほうが慰謝料が高くなる傾向があります。なお、不貞への慰謝料は婚約をしている場合や内縁関係の場合でも可能です。

 

 


HOME 結婚相談所 婚活 婚活2 恋愛心理学 失恋立ち直り 恋愛メール術 メル友 浮気・不倫 リンク集